なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか

題名:なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか

著者:牧野 知弘

《 概要 》

駅前によくある、小さな不動産屋の手堅いビジネスモデルの解説から、決して裏切らない土地に注目したサラリーマンが不動産投資をするための方法が述べられています。

《 要点 》

・つぶれてしまった不動産屋 - いわゆる新興不動産ファンド会社。

・土地はなぜ最高のヘッジ商品なのか - 土地は磨けば光る。

・不動産がもたらす収益の二つの側面。①含みを生み出す、②運用収益。

・町の不動産がつぶれない理由。借金をせずに手数料収入で成り立つ。

・「不動産は利回りで買え」の誤解。土地の潜在力を見極める。

・「勝ち組」の不動産の買い方。人が集まるところ、天気悪い日に物件を見る、駅から近い、新築より中古、無理な借金はしない。

・土地は裏切らない - 土地は動かせない、土地はなくならない。

《 感想 》

Jリートの部分を読んで、レバレッジを効かせないで不動産投資をするならJリートは十分投資の選択肢に入ると気付きました。

一棟物は管理会社に投げていてもいろいろ手がかかるのでJリートで5%の利回りがあれば、手間を考えればむしろリートのほうがいいのでは思い始めたので検討してみます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか (祥伝社新書) [ 牧野知弘 ]
価格:858円(税込、送料無料) (2021/3/18時点)

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー



1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする