お金を生み出す家を買いたい!

題名:お金を生み出す家を買いたい!

著者:長谷川 高

《 概要 》

自ら投資家としてプレイヤーである著者が不動産投資コンサルティングとしての活動から導き出された実践的な不動産投資の本。
マンション一棟・区分所有マンション・ビル投資・リートについてまで幅広く書かれた一冊です。

《 要点 》

・株ではなく家なのか。建物は見ればわかる、手直しすることによって比較的自由にバリューアップできる。

・不動産投資のリスク。流動性の低さ、人口の減少、地震。

・投資の手法。山あり谷ありは当たり前、青山の賢者から学ぶこと(コツコツと少しずつためてある程度貯まったら、不景気な時に無理のない程度の借金をして安く買うを繰り返す)。

・物件探しの前にすること。エリアの選択、業者向けの名刺・リーフレットの作成、業者は何件もはしごする。

・お金を生み出す家の種類とメリットデメリット。マンション一棟、区分所有、小規模商業ビル、アパート一棟、リート(不動産投資信託)。

・家賃相場、空室状況の調べ方。地図と歩きと聞き込みで、新築は5年たてば中古になりプレミアは無くなる。

・銀行との付き合い方。銀行は何を見て融資の判断するのか。

《 感想 》

2009年ころに出版された本ですが、そのころは不動産投資の本といえば「利回り15%、20%を買おう!」といった本がほとんどだったように気がします。
その中で利回り5%程度のリートや都心の区分所有についても書いてあり非常に参考になりました。
また、コンサルティングで知りえた個人投資家の生の投資状況がコラムとしていくつか書かれているのも興味を持って読めます。
読んだ不動産投資本の中ではランキングはかなり上に来る本です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする