書くことが思いつかない人のための文章教室

題名:書くことが思いつかない人のための文章教室

著者:近藤勝重

《 概要 》

文章を書くことは今までの記憶から体験を引き出して描写することであるが、そのためのうまい引き出し方や伝わる文章にするための方法を記しています。

《 要点 》

・いい文章とは 「独自の内容」 + 「伝わる表現」

・描写力をつけるには、人に報告するつもりで見たり観察する。

・描写と説明の違い。説明は必要最小限にする。

・独自の視点書くには、「納得」「共感」「不思議」を意識する。

・アイデアはすぐに書き留める。何であれ書き留めることが脳に刻み込まれる。

・「思う」「考える」「感じる」という表現を減らすと文章が客観的になる。

・書き出しで興味を引く方法。ズバッと書いて興味を引く。

《 感想 》

文末の表現が単調になることが多いので、「思う」などを減らすのは文章が引き締りそうですね。

《 今すぐ実践すること 》

アイデアは書き留めを行う。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする