自由と自己規律 ビジネスパーソンのための

題名:自由と自己規律 ビジネスパーソンのための

著者:金児 昭

《 概要 》

人間は自由を10求めるが、自由が9で自己規律が1であるべきで9の自由を守るために1の自己規律が必要である。

そのために必要なことがらが述べられています。

《 要点 》

・「自分がコストである」と知る。お客さまからいただいたお金で賄われている実感すると感謝の気持ちが100倍になる。

・自由の自己規律の割合は9:1くらいがちょうどいい。1の自己規律がなければ9の自由はない。

・時には自分を棚に上げつことも大事。

・威張りたいと思ったら一ひねりする。弱点や失敗談を織り交ぜて自慢する。

・やっていいことと悪いことの分かれ目。信用できるリトマス試験紙のような人を見つけて、その人を大事にする。

・会社の目標は人を大事にしての利益の最大化。

・自分を律する人は自分をサイコーにかわいがる。

・常識とは「未成年の子供にも説明できること」と考える。

《 感想 》

常識とは子供にも説明できることという部分は共感できました。

小さい子供にもなんでなのか説明できるようにしていきたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自由と自己規律 ビジネスパーソンのための [ 金児昭 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/4/21時点)

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする