あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール

題名:あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール

著者:堀内 伸浩

《 概要 》

正確に物事を伝える、相手の心をつかむために必要な101の文章のルールが記載されていて、読んだ後に「○○さんの文章わかりやすくなったね」といわれるようになるための本です。

《 要点 》

・自分がその文章を読む側の人間だったら、その件について何が知りたいかを考えてみる。

・導入部のネタをストックしておく。雑誌・中吊り広告・テレビ・看板等から目についたものをメモしておく。

・わかりやすい文章の順番。①時系列、②総論→各論、③概要→詳細、④結論→根拠、⑤結果→原因、⑥主張→理由。

・常に主語を意識する。主語と述語の一致を意識する。

・同じ語尾が続かないようにする。体言止め、主語を変える、2つの分を1つにする等の手法で述語を変える。

・修飾語は被修飾語の近くに置く。遠いとどの言葉に付くか迷うことがある。

・一文の長さは60文字程度として、長い文章は2つに分ける。

・「笑い」を入れる。ダジャレや自分の失敗談を入れる、追伸の部分に入れるのがベスト。

《 感想 》

自分の文章も同じ語尾が続くことよくあるのですが、それを避ける手法は参考になりました。

《 今すぐ実践すること 》

さっそく、同じ語尾を避ける方法を取り入れて文章を書きます。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー



1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする