経済で読み解く日本史 室町・戦国時代

題名:経済で読み解く日本史 室町・戦国時代

著者:上念司

《 概要 》

気鋭の経済評論家である上念司さんが書く、通貨量から見る経済の歴史について書かれた書です。

「経済で読み解く 織田信長」を大幅に書き直したそうです。

経済で読み解くシリーズの第1巻で、分析可能な経済指標が残っているのが、室町時代からということのようです。

《 要点 》

・室町時代の流通貨幣は中国の銅銭

・寺院の経済的活動の影響力

・室町幕府と寺院の共生関係

・明との日明貿易の日本経済に与える影響

・宗教戦争の原因は実は経済的な要因

《 感想 》

みんな大好きな戦国時代や室町時代を経済の側面、特に通貨量から描いた歴史解説書です。

目からうろこという記述が随所にありました。

日本で最初の通貨である和同開珎は、日本国内では通貨としてはほとんど流通しておらず、中国から輸入した銅銭がメインの通貨だったことは、かなりビックリでしたね。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする