経済で読み解く日本史 明治時代

題名:経済で読み解く日本史 明治時代

著者:上念司

《 概要 》
通貨発行を主眼に置き、経済から日本史の流れを綴っていく本の4番目です。
日本史の教科書にずっぽりと抜け落ちている経済からの視点で解説することで、流れがしっくりと理解できるようになります。

《 要点 》

・明治時代は金本位制
・明治維新後の貨幣改革・秩禄処分
・征韓論と日清戦争
・日露戦争の戦費調達での高橋是清の活躍

《 感想 》

金本位制のため、日露戦争時の戦費調達は至難の業だった状態で、高橋是清は日露戦争の戦況を見ながら徐々に有利な条件で海外から資金を調達しています。

高橋是清と言えば、昭和恐慌の克服については知っていましたが、日銀総裁としての顔は意外でしたね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経済で読み解く日本史(4)文庫版 明治時代 [ 上念司 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2020/10/25時点)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする