金遣いの王道

題名:金遣いの王道

著者:林 望

《 概要 》

日ごろのお金の使い方から見た、今の日本の問題点、江戸時代に学ぶ教訓など投資のプロと書誌学者が語っています。

《 要点 》

・1万円で得られる幸せをMAXにするには

・ルーレットと競馬と株式投資の相違点。後者ほど裁量が増える。

・品格あるチョコレートの選び方とは。

・給料をもらうために働くと本当の力は出ない。

・薩摩が幕末の「グローバル人材」を輩出した理由。貧しい土地ならではの危機感から。

・日本人としてのアイデンティティをつくることの大切さ。

・人には「学び」「働き」「遊び」の3つのステージがある。

《 感想 》

お金の使い方や投資について書いてあることを想像したがある程度は書いてあるが、対談形式のためだと思うがはっきりした結論が良く分からずもや~っとした感じでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金遣いの王道 (日経プレミアシリーズ) [ 林望 ]
価格:935円(税込、送料無料) (2021/4/7時点)

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする