あらゆる領収書は経費で落とせる

題名:あらゆる領収書は経費で落とせる

著者:大村 大次郎

《 概要 》

自宅用の薄型テレビからキャバクラ代や愛人の手当まで、常識で考えれば不可能と思う内容の領収書を経費で落とす方法や税法から見た領収書の要件について詳しく書かれています。

《 要点 》

・経費を膨らませる2つのルート。会社の業務として、福利厚生費としての支出とする。

・個人事業者は接待交際費の上限はない。中小企業は年間600万円の制限あり。

・生活費を会社の経費で落とせば会社も社員も得になる。

・4年後の中古ベンツは節税の切り札。2年で減価償却できる。

・キャバクラ代を経費で落とす方法。接待費として、商品開発費として、研修費として。

・領収書がなくても経費計上する方法。支払った日・支払った金額・支払先・支払った内容を記録しておく。

・ニセの領収書は一発でアウト。

《 感想 》

ディズニーランドの入場料等レジャーの費用は会社が購入して支給するという方法をとれば、経費にしやすいというのは、自分の会社でも使おうかと思いますがまだそれほどの利益が出ていないので利益がだすことに注力します。

《 今すぐ実践すること 》

昼食の領収書はこれからもらいます。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする