金持ち父さん貧乏父さん

題名:金持ち父さん貧乏父さん

著者:ロバート・T.キヨサキ

《 概要 》

お金に追われるラットレースから抜け出すために、お金のために働くことをせずにお金に自分のために働いてもらいよりお金持ちになるためにするべきことが述べられています。

《 要点 》

・ラットレースから抜け出す。会計と投資に関する能力を高める。

・前向きな考え方とお金に関する知識があれば、人生はうまくいく。

・中流以下の人間はお金のために働く、金持ちは自分のためにお金を働かせる。

・金持ちは資産を手に入れる、中流以下の人たちは負債を手に入れ資産と思いこむ。

・会社を使って節税をする。法人は有利な税金対策が可能。

・度胸が大切。恐怖心と自信のなさが個人の才能が開花する邪魔をする。

・二種類の投資家。パッケージ化された投資を買う人。自らパッケージをつくる人。

・投資必要な3つの技術。ほかの人が見過ごすチャンスを見つける技術。資金を集める技術。組織する技術。

・5つの障害 - 恐怖心、臆病風、怠け心、悪い習慣、傲慢。

・10のステップ。精神の力、選択する力、協力の力、速習の力、自制の力、忠告の力、ただで手に入れる力、焦点を絞る力、神話の力、与えることの力。

《 感想 》

投資を始めてからもう十年以上経ちますが、王道といわれるこの本を読んだことがなかったので読んでみました。

自宅は負債っていう部分はリセールバリューが落ちないものなら負債にならないと思うので、その部分以外はほぼ同意できます。

投資は、「日々の情報収集」と「チャンスが来たと感じたときの少しの勇気」が必要かと思います。
片方だけではうまくいかない気がします。

《 今すぐ実践すること 》

買い手を見つけてから売り手を探すという考え方はすぐにでも取り得れようと思います。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする