ウェブでの<伝わる>文章の書き方

題名:ウェブでの<伝わる>文章の書き方

著者:岡本 真

《 概要 》

「ヤフー知恵袋」に携わった著者が、紙上とは違う「ウェブ」での望ましい文体やその特性・特徴を活かした表現法・機能を用いた文章技術を述べています。

《 要点 》

・目にとまるから読まれる。難しい漢字や見慣れない表現を用いない。

・読まれるから伝わるまで。相手に関心を持ってもらうことが「伝わる」秘訣。

・惹きとなる見出し。文章そのもののタイトルとなる見出し・ウェブの特性であるリンクに関係する見出し。

・ウェブならではの4W1H。いつ(When)どこで(Where)の2つが重要。

・ウェブでの文体。主節は前に従属部は後にする、意思や要件は明示する、過剰な敬語は使わない、キーワードを意識する。

・ウェブでの文章技術。短文で書く(100文字程度)、改行を入れる、箇条書きにする、リンクを用いる、画像を差し込む、変化を明示する。

・感情を表現することの大切さと難しさ。

・句読点の統一 - 「、」と「。」、「,」と「.」。全角・半角の統一。

《 感想 》

ウェブの特性であるリンクを活かしての変化の明示の手法は参考なったのでブログを書く上でも使っていきます。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする