「買いたい!」のスイッチを押す方法

題名:「買いたい!」のスイッチを押す方法

著者:小阪 裕司

《 概要 》

「人間の行動メカニズム」とそれを生み出す「人間の心のメカニズム」から消費者の心の中に「買いたい」が起こる法則を考え、売る側が消費者の「買いたい」を計画的に引き起こす方法が述べられています。

《 要点 》

・買うまでの2つのハードル。買いたいか買いたくないか、買えるか買えないか。

・「買い物する脳」のスイッチを押すもの。「ドーパミン」がカギを握っている。

・脳が本当に買いたいもの。フルフィルメント(ワクワク)を感じるもの。

・購買行動を創り出すマーケティング。行動を分解し、行動モデルを把握し、アプローチする。

・一瞬で答えを出す脳になる。直観回路を磨く - インプットとアウトプットを繰り返す。過去の事例から学ぶ、現場における実践を繰り返す、語り合い・学びあう。

《 感想 》

椅子の売り方で、直接的な機能説明でなく間接的に自分が座ってみたいと思わせるアプローチの仕方があると具体的に気付けたので何かの折に取り入れようと思います。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする