稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

題名:稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

著者:亀田 潤一郎

《 概要 》

税理士という職業柄、何百人と言う経営者と会っている著者が、お金持ちで幸せなある人の共通点をお金にまつわる視点から書いた本です。

《 要点 》

・「年収200倍の法則」。財布の価格の200倍が年収であることが多い。財布をかえると年収がその価格の200倍に近づいていく。

・お金に好かれない人は財布がデブになっている。

・「安いから買う」をやめて、「欲しいから買う」にしていく。

・会計時は新札を使う。貰う側は新札のほうを気持ちが良い - 常に相手の事を気遣っている。丁寧に渡す。

・消費を投資に変える使い方を心がける。

・買い物で損をしない方法。リセールバリューが7割の物を買う。

・お金は「入口」より「出口」に注意を払う。支出は自分でコントロールできる。

・身につける物を買えれば人生も変わる。

《 感想 》

財布の値段の200倍が年収というのは、まさに自分に当てはまっていました。

さっそく、リセールバリューが高くて、今使っている財布の倍くらいの財布を買いに行ってきます。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする