頭がいい人と言われる文章の書き方

題名:「頭がいい人」と言われる文章の書き方

著者:小泉 十三

《 概要 》

文章には、書き手の思考力や発想力がよく表れる。

頭がいい人と評価されるうまい文章の書くためにテーマの選び方、話の組み立て方、ちょっとした表現のテクニックが書かれた本です。

《 要点 》

・人が読みたいと思うことを書く。誰に向けて書くかを強く意識する。受け狙いは嫌われる。

・自分の鮮烈な体験について書く。自分が分からないことは書かない。

・書きだす前にコンテ = 論理の展開をつくる。

・書き出しは印象的で短く書く。書き出しのタブーは、テーマ・タイトルと同じ言葉で始まること。

・広い意味を持つ動詞は使いたい意味に合わせて言葉を選び置き換える。

・オリジナルの紋切り型を考え出して使う。

・名文を書き写すことで個性が生まれる。書き写すという作業は原稿用紙に一字一字書かないと意味がない。

《 感想 》

このブログの中でも、タイトルと同じ言葉で書きだしているエントリーがちらほらありますが頭が悪く見られているのでしょうか?

そういう本は読んでみて、あまり参考にならない本が多いです。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする