「折れない心」をつくるたった1つの習慣

題名:「折れない心」をつくるたった1つの習慣

著者:植西 聡

《 概要 》

心理カウンセラーの著者が、「折れない心」をつくるための日常生活での心の持ちようや起きた出来事に対する心理的な対応方法が書かれた本です。

《 要点 》

・折れる一番の原因。マイナスの事象を大きくとらえ過ぎる。自分は必要とされていないと思う。

・厳しい母親に育てられた人は、折れやすい。

・「今の自分のままでOK」と口に出して言う。自己承認をすることにより、自分を信頼する気持ちが強くなる。

・マイナス感情にふたをしない。状況は常に変わっていく。解決しないでもいいことは沢山ある。

・誰にも会わない時間をつくる。「人に見られていること」は大きなストレス。

・愚痴を言う代わりに深呼吸。マイナス要因を紙に書いて捨てる。

・最悪のケースを想定。不安の正体をはっきりさせる。

《 感想 》

自分にとって厳しい状態になると、状況が固定され未来永劫この状態が続くとついつい思ってしまいますが、周りも自分も全く変化しないことはあり得ないわけで、つらい時は「状況は変わる」ということを忘れないでいれば何とかなると思いますし、実際自分も周り環境の変化に助けられました。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー



1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする