伸びる会社ダメな会社の法則

題名:伸びる会社ダメな会社の法則

著者:藤野 英人

《 概要 》

数千人の経営者と面談を重ねたファンドマネージャーである著者が、面談の中で見つけた伸びる会社とダメになる会社を見分ける数々の法則を書いた本です。

《 要点 》

・最高の情報源は社長のキャラクター。

・質問したら怒りだす社長は負け組企業。周りがイエスマンで固めているから批判に慣れていない。

・業績不振を景気や政府のせいにする社長の会社は、景気が回復しても業績は回復しない。

・オーナー経営者は投資家と株価について利害が一致する。サラリーマン社長は株価に無頓着。

・スリッパに履き替える企業は成長しない。家と会社の区別を経営者が付けていない。

・きざしに気をつける。営業マンの訪問回数の変化などちょっとしたきざしに気を配る。

・PLよりもBSを注目。BSよりもキャッシュフロー計算書に注目する。現金が増えているかは重要。

《 感想 》

まわりをイエスマンばかりにして会社を傾けている(今のところ潰れていません)社長を知っていますが全然批判ではなく、ちょっとした疑問をぶつけたのですが自分が答えられなくてキレていました。

そんなんだから業績が落ちているのに気づいて~!

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー



1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする